ドローンで行なう施設点検 知っておきたい3つのポイント

ドローンによる施設点検


世界各国におけるドローンの産業分野での広がりは想像以上ともいえますが、翻って日本に目を向けると、まだまだこれからという段階のように感じます。そんな中、ドローンを使った太陽光パネルや橋梁、工場などの施設点検においては、着実に進化・定着の方向に進んでいると言えるでしょう。

今回は、クオリティソフト社で行なった施設点検の実証実験を通じて得た、気になるポイントについてご紹介します。

<ポイント1>コスト削減が可能

今までの点検方法、とくに高所施設の点検を行なう場合は、足場の設置や高所作業者の準備が必要となっていたため、機材費や人件費等でコストがかかってします。

一方、ドローンを使った高所施設の点検では、足場や高所作業者の準備は不要となり、人が高所にて作業を行わない為、落下事故などを極力防ぐことが可能となるため、従来の方法で考えられるデメリットをクリアしているといえます。

<ポイント2>安全性の向上

従来は人が直接点検を行なうため、落下等の事故のリスクが常在しています。

ドローンによる施設の点検の場合だと、ある施設の担当者が「ドローンだと、点検のための足場などの設備費用が抑えられ、安全に点検を実施することが可能となった」というように安全面におけるメリットが得られます。

<ポイント3>人力とドローンの共存

ドローンに搭載したカメラでの点検となるため、現状では詳細な確認が困難なケースも発生します。詳細を確認するためにはまだ人力のほうが優れているケースもあります。

ドローンによる施設点検での利用は、まだ始まって日も浅いため、これからノウハウやデータが蓄積されていくことでしょう。しかしドローンの利用されるフィールドは、あらゆる分野に広がっています。私たちはドローンによる産業革命の真っ只中にいるといえるのかもしれません。

関連記事

  1. UBER ドローンで配達を開始すると発表 米国サンディエゴ市

  2. 本命アマゾン「数ヶ月以内にドローン宅配を開始する」と発表 アメリカ

  3. 損害調査に水中ドローンが活躍中!損保ジャパン日本興亜が船舶や港湾施設向けの損害調査に

  4. 【公募情報】令和元年度五島市ドローン i-Land プロジェクト 農地作付確認実証事業  

  5. オートバックスセブン「ドローンサッカー」日本初導入を発表 

  6. スマート農業 長野県伊那市

    スマート農業技術 大規模実証実験スタート  長野県伊那市

  1. “ドローンレースは来たるエアーモビリティ社会への布石となる”〜セ…

    2019.07.04

  2. 今後のドローンビジネスの主役は誰? DJI JAPAN直撃インタビュー!

    2019.07.01

  3. ドローン等による水難救助訓練 岡山県総社市

    2019.06.24

  4. ドローンによる第28回UBEビエンナーレプロモーション動画制作業務プ…

    2019.06.21

  5. UBER ドローンで配達を開始すると発表 米国サンディエゴ市

    2019.06.20

  1. “ドローンレースは来たるエアーモビリティ社会への布石となる”〜セ…

    2019.07.04

  2. 今後のドローンビジネスの主役は誰? DJI JAPAN直撃インタビュー!

    2019.07.01

  3. ドローンの飲酒運転禁止へ 改正航空法衆院で可決

    2019.06.17

  4. 本命アマゾン「数ヶ月以内にドローン宅配を開始する」と発表 アメ…

    2019.06.10

  5. 国土交通省専門官による『飛行情報共有システムの概要と最近の取り…

    2019.06.06

  1. 損害調査に水中ドローンが活躍中!損保ジャパン日本興亜が船舶や港…

  2. 新しいアイデアを創出する「ワーケーション」が人気! ドローン体…

  3. ドローンによる被災状況撮影のポイント公開 国土交通省 

  4. アメリカのドローンなど展示会

    AUVSI XPONENTIAL 2019 レポート

  5. グーグルグループ企業 ドローン配送認可

    グーグルのグループ企業FAAから認可 ドローン配達の夜明け