新しいアイデアを創出する「ワーケーション」が人気! ドローン体験もできる「ドローン民泊」とは?

関西の人からすると、上野動物園でパンダの赤ちゃんを見物するために大行列ができたというニュースが全国放送で流れると、少し心がざわつくといいます。
その理由は「和歌山のアドベンチャーワールドにはもっといっぱいパンダがいるのに!」ということ。アドベンチャーワールドのある白浜は和歌山県南西部の太平洋に面したエリアにあり、温泉やマリンスポーツ、熊野古道への拠点となるなど、年間を通じて多くの観光客が国内外から訪れています。その温暖な気候、南紀白浜空港を利用すると羽田まで1時間という立地の良さもあり、近年は自治体を中心にIT企業を誘致。パンダのみならず、働く場所(ワーク)と休暇(バケーション)ができる「ワーケーション」の地として全国から注目を集めています。

そんな白浜に、本社を東京から移転したクオリティソフトが運営する「ドローンビジネスカレッジ」があります。白浜でクオリティソフトが事業として行なっている「ドローンスクール」は、日本最大のドローンスクール団体「JUIDA」が認定するドローンスクール全200校の中でもBEST3に入る人気スクール(2018年度実績)なのですが、そのドローンスクールの受講者用として開設された宿泊施設があります。
この施設を「せっかくなので一般の人にも開放し、ドローンを体験できるようにしよう」と始まったのが「ドローン民泊」となります。

今回はドローン民泊施設管理人である中尾が、ドローン民泊についての基本的なことや白浜の魅力について説明いたします。

・「ドローン民泊」とはどんなもの?

【中尾】一般的な宿泊施設では観光地の案内が多いのですが、私たちの宿泊施設では、観光地案内以外にも独自のドローン体験がオプション(1,000円要事前予約 )でご利用できます(もちろん一般利用のみも可能です)。
「ドローンを飛行させること」については航空法で規定されていますが、「ドローン操縦体験」ではその航空法の規定を遵守した上で、老若男女どなたでも気軽に操縦体験をしていただくことで、ドローンの世界を知っていただけます。

また、体験することでドローンに興味を持って頂ければ、次のステップ「ドローン・スクール」への参加をお勧めしております。

ドローン民泊施設のエントランス。広い駐車場も隣接しています
敷地周辺に民家がなく、安心してドローン体験ができます

・アイデアを生み出す施設として注目されているそうですが?

【中尾】従来、仕事(ワーク)とバケーションは切り分けられて時間を使うものだとされていましたが、「新しいアイデアを創出するためにはいつもと違う環境に身を置いて、リラックスできる環境の中で」という考えから、ワークとバケーションを組み合わせたワーケーションとしての利用が注目されています。
白浜はその代表的なエリアでもあり、すでに多くのIT企業が都心部より本社を移転しています。弊社もそのうちの一社です。

東京などの都市部と違い、海あり山あり、食も鮮度が良い自然いっぱいの場所でリラックスすることにより、普段考えもつかなかったアイデアを生み出す確率が高くなります。ドローンを飛ばす、なんていうことは都心ではなかなかできないため、ドローンを操縦すること自体が非日常体験となるといえます。
近年は「本社移転まではできないけど、時々はワーケーションしたい」
という問い合わせも増えており、企業のニーズはどんどん高まっていると感じています。

ビジネス利用の場合、宿泊施設以外にもプロジェクターのある120名収容のセミナールームも用意しております。ネットワーク環境も整えていますので、ビジネス合宿、テレワークなど様々な利用が可能です。新しいアイデアを生み出すための環境は整っており、すでに多くの企業様にご利用いただいております。

館内はゆったりして落ち着いて過ごせる空間

・「ドローン民泊」の設備はどんな感じ?

【中尾】1室2名(2ベッド)利用できる部屋が計10室あり、国内外の一般観光客からビジネスユースまで幅広く対応しています。

その他おもな設備は次の通りです。
<室内設備>カードキー、バス・トイレルーム、エアコン、テレビ、冷蔵庫、Wi-Fi(屋内はインターネット常時接続可能)、ノートPC向きのワークスペース(テーブルや机 + 快適に仕事ができる椅子)
<備品>ヘアドライヤー、タオル、シーツ、シャンプー、ソープ、トイレットペーパー
<その他>飲料自動販売機、敷地内無料駐車場、ALSOK24時間警備システム導入済み。

チェックイン時にはホストが出迎えます(各室に専用のカードキーをお渡しいたします)。食事は朝は予約制、昼は食堂利用(平日のみ)が可能です。

wakayama airbnb の代表的なドローン民泊の広い宿泊施設
食堂では新鮮で体に良い食事が提供されます
利用客に好評のヘルシーメニュー(例)


・近くの観光スポットを教えて!

【中尾】白浜は観光地なので観光スポットはたくさんありますよ。
まずは「白良浜(しららはま)」です。近畿エリア屈指の海水浴場で620mにも及ぶ真白な砂浜で、ハワイのワイキキビーチと姉妹浜提携を結んでいることからもその景観の良さがご想像いただけるかと思います。毎年7月と8月には1時間に約2000発もの花火が打ち上げられる白浜花火フェスティバルが開催されています。

次にご紹介したいのが白浜のシンボルにもなっている「円月島」。これは島の中央にぽっかりと円月形の海触洞が空いていることから名付けられており、ここに沈む夕陽は絶景で、「日本の夕陽100選」に選ばれています(日没時刻 夏は18:30頃、冬は16:30頃)。

円月島に落ちる夕陽(白浜町WEBサイトより)


そして白浜といえば「アドベンチャーワールド」。2018年8月に産まれた彩浜(さいひん)も含め、動物園にはなんとジャイアントパンダが6頭もいます(上野動物園は3頭)。そのほか水族館や遊園地が一体となったテーマパークです。

また、温泉地としても白浜温泉は1350年余りの歴史を有しており、日本三古湯(白浜・有馬・道後)のひとつに数えられています。現在、6箇所の外湯(有料、定休日あり)が楽しめますし、白浜町内に設置された9箇所の足湯は、無料で利用できます(定休日あり)。  

忘れてはいけないのが「熊野古道」です。熊野古道にはいくつかのルートがありますが、「熊野参詣道」として世界遺産に登録されているのは、田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野へ向かう小辺路(こへち)ですが、後鳥羽院・藤原定家・和泉式部も歩いたとされている人気の中辺路の拠点となるのが白浜の隣町である田辺です。

ドローン民泊を拠点に熊野古道へ(わかやま観光情報WEBサイトより)

そのほかスキューバダイビングやパラセーリング、太平洋を望みながらのサイクリングなど、スポーツ志向の方にもご満足いただけるだけでなく、クエ、マグロ、もちカツオ、サンマ、ウツボといった豊富な魚介類、梅、みかん、金山時ミソ、醤油といった農産物の産地でもある和歌山県ならではの食も堪能できます。季節に応じた食もご堪能ください。


・最後にひとこと

【中尾】弊社の敷地面積は5530坪もあり、施設内にある社員食堂、コワーキングルーム、セミナー室などを、外部の一般の方にも開放しています。目前に太平洋が望め、隣接している金刀比羅神社からの眺めはすばらしいです。徒歩5分で海岸におりることが出来ますので、散歩コースには最適です。春には沿道の桜並木が満開になり、みなさまの目を一層楽しませてくれることでしょう。
弊社では、観光スポットのご案内もお手伝いが出来ますので、ビジネス、家族、パートナーとの旅行など、様々な利用ができ、大自然を満喫できる南紀白浜にお越しください。

なお、宿泊の予約は宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのWEBサイトとして世界的に知られるAirbnb(エアビーアンドビー・外部サイト)で簡単に行なえますのでお気軽にお申し込みください。日本以外からのお客様も歓迎しています。「Wakayama Airbnb」といえば「ドローン民泊」と言われるよう頑張っていきますよ!
(話し手/中尾達也 クオリティソフト株式会社 コーポレートサービス室)

施設名称 :「ドローンビジネスカレッジ」
所在地 : 〒649-2333
和歌山県西牟婁郡白浜町中1701−3
Airbnbでのドローンビジネスカレッジのドローン民泊ページはこちらをクリック

ドローンの操縦体験ができるだけでなく、仕事もできる環境が整えられている施設であるドローンビジネスカレッジのドローン民泊。仕事仲間同士で心身のリフレッシュはもちろん、新しいアイデアを生み出すキッカケに訪れてみてはいかがでしょうか。



 

おトク情報 
初めてAirbnbをご利用される方はANAのマイルが2倍貯まる‼ さらにAirbnbの割引クーポン3,000円分も‼ 
~2019年6月30日(日) 23:59までに予約手続き(ホストの承認含む)完了※宿泊日は、特典期間終了後でもOK! 
詳細は
全日空のウェブサイトにて(外部サイト)




関連記事

  1. トレイドローンで料理が楽しくなります!

    「アレクサ、ピザ持ってきて」料理を運ぶトレイ・ドローン ドイツ

  2. ドローンでAEDを運ぶ

    ドローンが心臓発作の患者の命を救う 視界外へAEDを配送承認 アメリカ・ネバダ州

  3. ドローン臓器輸送

    ドローンによる臓器輸送はじめの一歩 アメリカ

  4. ドローンを活用した荷物配送検証実験(岡山県和気郡)が実施される

  5. 生後1ヶ月の子どもにドローンで届けられたワクチン【南太平洋 バヌアツ】

  6. ドローンの飲酒運転禁止へ 改正航空法衆院で可決

  1. “ドローンレースは来たるエアーモビリティ社会への布石となる”〜セ…

    2019.07.04

  2. 今後のドローンビジネスの主役は誰? DJI JAPAN直撃インタビュー!

    2019.07.01

  3. ドローン等による水難救助訓練 岡山県総社市

    2019.06.24

  4. ドローンによる第28回UBEビエンナーレプロモーション動画制作業務プ…

    2019.06.21

  5. UBER ドローンで配達を開始すると発表 米国サンディエゴ市

    2019.06.20

  1. “ドローンレースは来たるエアーモビリティ社会への布石となる”〜セ…

    2019.07.04

  2. 今後のドローンビジネスの主役は誰? DJI JAPAN直撃インタビュー!

    2019.07.01

  3. ドローンの飲酒運転禁止へ 改正航空法衆院で可決

    2019.06.17

  4. 本命アマゾン「数ヶ月以内にドローン宅配を開始する」と発表 アメ…

    2019.06.10

  5. 国土交通省専門官による『飛行情報共有システムの概要と最近の取り…

    2019.06.06

  1. グーグルグループ企業 ドローン配送認可

    グーグルのグループ企業FAAから認可 ドローン配達の夜明け

  2. 新しいアイデアを創出する「ワーケーション」が人気! ドローン体…

  3. イメージ画像 消防隊でのドローン活用

    和歌山県下の消防隊初 ドローン隊配備 東牟婁郡串本町

  4. Flying Drone Lamp

    空飛ぶランプ現る! 鎌倉在住デザイナーの”Flying Drone Lamp”が熱い

  5. 本命アマゾン「数ヶ月以内にドローン宅配を開始する」と発表 アメ…