Drone Business Collage

ドローン・ビジネス・カレッジ情報

最近のテレビ番組などでは、観光名所やスポーツ競技場などを空から撮影した映像を多くみることができます。一方、橋梁や鉄塔といったインフラ施設や、ソーラーパネルや屋根の調査点検の現場ではすでに利用されているなど、私たちの身近にドローンの活用が広がってきています。

しかし、このドローンを飛行させるにあたっては、危険につながらないよう法律が定められています。「誰でも、どこでも、いつでも利用できる」というものではなく、「どのような場合に飛行させてよいか」ということをしっかりと把握しておかなければなりません。

ビジネスで必要な方はもちろん、本格的にドローンを操作したいという方は、ドローンスクールに通って、しっかりとした知識と技術を学ぶことをおすすめしています。

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定スクールで、南紀白浜(和歌山県)に拠点を構えるドローン・ビジネス・カレッジ(DBC)の竹中インストラクターにドローンスクールについて、そしてドローン・ビジネス・カレッジの特長についてお話をうかがいました。

スクールでは何を教えているのでしょうか?

インストラクターの竹中さん(ドローン・ビジネス・カレッジを運営しているクオリティソフト社にて)。

こんにちは、ドローン・ビジネス・カレッジの竹中です。よろしくお願いします。

ドローンスクールで学ぶ内容をひとことでいうと、ドローンを安全に飛ばすために必要な『知識』と『技術』です。そのため、スクールでは座学と実践の両輪を学ぶことになります。

ドローン・ビジネス・カレッジでは

【ドローン操縦の知識と技術を身につけたい】
JUIDA認定 操縦技能・安全運航管理者コース

【建設現場での測量にドローンを活用したい】
i-Construction対応 測量一般コース

【太陽光パネルの点検をドローンで行ないたい】
赤外線カメラ搭載ドローン 太陽光パネル点検コース

の3コースがあり、それぞれ「知識」と「技術」を学んでいきます。

ラジコンの経験すらないんですが・・・初心者でも大丈夫?

知識を学ぶセミナールーム

昔のラジコンだと「勝手にどこかへ飛んで行ったらどうしよう・・・」という心配がありますが、現在のドローンはしっかりとセンサーがあり、プログラミングされていますので、安全性は格段に向上していますから過度な心配は不要です。

今のドローンは、よほど高度な飛ばし方を求めない限り、老若男女問題ありません。受講に際し、年齢も10代の場合は親の同意があれば可能ですし、ご高齢の方でも受講されていますので心配はいりません。
基本的にスクールに来るにあたって、知識も技術も事前の準備は不要です。ゼロから我々インストラクターがお教えします!

怖い人はいやだな・・・インストラクターはどんな人?

ドローン・ビジネス・カレッジのインストラクターを背中からパシャリ!

ご安心ください(笑)。
コミュニケーション方法としては「教えるから上から目線」ということはしていません。

受講いただいた方からはみなさんから「丁寧でわかりやすかった」「優しかった」というアンケートをいただいています。インストラクターには、怒鳴ったり叱りつけるような鬼軍曹タイプはおらず、みなフレンドリーですので気楽に接してくださいね。

こちらがインストラクター。みんな優しそうでしょ?

ドローンビジネススクールと他のスクールとの違いは何?

太平洋が望めるドローン・ビジネス・スクールの全景

ドローンビジネススクールのメリットは大きく分けて3つあります。

まず「平日も休日も講習を実施をしている」ことです。「講習は土日だけ」というドローンスクールも多いのですが、「業務で受講しなければならなくなった」というケースだと、受講自体も仕事ですので平日受講が必要となってきます。

次に「合宿制なので2日間でライセンスを取得できる」というメリットもあります。通常のスクールでは時間の関係上ライセンス取得のカリキュラムをこなす日数が必要となりますが、合宿制のため集中的に「会社を休めないけど、すぐにでも受講したい」という場合、週末の土日を使えば欠勤する必要なくライセンスの取得が可能です。

最後に「白浜の自然が楽しめる」(笑)。これはドローンとは関係ないのですが、ドローンビジネスカレッジは羽田空港から約1時間の南紀白浜空港に近く、白浜エリアには温泉や食事なども含め観光スポットが多いので、スクールの宿泊施設を活用し、バカンスも兼ねて受講することが可能です。中には熊野古道散策への拠点にする方もいらっしゃいます。

合宿制のメリット

合宿を行うメリットは、「短期間でライセンスの取得が可能」がもっとも大きく、参加者は和歌山県外からの方ばかりとなっています。

初日の受講後の夕食を一緒に摂るため、受講者と受講者、受講者とインストラクターのコミュニケーションがはかれることも特長といえます。ビジネス目的の方同士だと、ちょっとした異業種交流会のような場になることも。そのため2日間とはいえ他のスクールでは得難いミニ留学のような雰囲気になりやすいといえます。

宿泊は完全個室(風呂・トイレ付き)で、全室太平洋側(南側)に窓があります。テレビやエアコン、冷蔵庫も備え付けですのでゆっくりお休みいただき、2日目の受講へ臨むことができます。また、要望があれば白浜の温泉をご案内することも可能ですので、気軽にお声がけください。

YOUは何しにドローンスクールに? 広がるドローン市場

一緒にドローンを学びましょう!(少し緊張気味の竹中インストラクターでした)

インプレス総合研究所によると、国内のドローンビジネス市場は2016年度353億円、2017年度503億円、2018年度931億円、そして2024年度には「5,073億円(2018年度の約5.4倍)に達する見込み」と発表しています。

現在のドローンビジネスは、空撮、農薬散布、土木測量、ソーラーパネル設備点検などで広がっているほか、橋梁やトンネル、工場やビルの点検、災害対策などへの活用、物流などさまざまな分野でドローンの活躍の場が進んでいくと考えられており、次世代産業における注目のマトになっているといえるでしょう。

今後を見据えて、いち早くドローンスクールの受講をオススメします!

ドローン・ビジネス・カレッジの受講案内・申し込みはこちら

  1. “ドローンレースは来たるエアーモビリティ社会への布石となる”〜セ…

    2019.07.04

  2. 今後のドローンビジネスの主役は誰? DJI JAPAN直撃インタビュー!

    2019.07.01

  3. ドローン等による水難救助訓練 岡山県総社市

    2019.06.24

  4. ドローンによる第28回UBEビエンナーレプロモーション動画制作業務プ…

    2019.06.21

  5. UBER ドローンで配達を開始すると発表 米国サンディエゴ市

    2019.06.20

  1. “ドローンレースは来たるエアーモビリティ社会への布石となる”〜セ…

    2019.07.04

  2. 今後のドローンビジネスの主役は誰? DJI JAPAN直撃インタビュー!

    2019.07.01

  3. ドローンの飲酒運転禁止へ 改正航空法衆院で可決

    2019.06.17

  4. 本命アマゾン「数ヶ月以内にドローン宅配を開始する」と発表 アメ…

    2019.06.10

  5. 国土交通省専門官による『飛行情報共有システムの概要と最近の取り…

    2019.06.06

  1. 高層マンションの火災対策に消防用ドローンが活躍する時代へ

  2. ドローンを使ったプログラミング教材

    もうすぐ始まるプログラミング教育〜ドローンで学ぶ問題解決能力〜

  3. ドローン等による水難救助訓練 岡山県総社市

  4. 和歌山県果樹試験場でのドローン活用事例

    【特集記事】果樹栽培におけるドローン活用の現状と課題 〜和歌山県…

  5. 東京都主催「産業×ドローンセミナー」2019年7月2日開催